会社設立入門

はじめての会社設立

一連の流れとしてはまず社名の決定、本店所在地の決定、目的の決定、出資者及び役員の決定などをし、その後、定款の認証、資本金の払込、法務局に登記の順番に進んでゆきます。順調にゆけば1、2週間で会社が出来上がります。こちらではご用意いただくものについて書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

 

印鑑証明書

資本金を出資する方、役員(取締役、代表取締役)になる方はそれぞれ1枚を、ご自身の住所地の市区役所でお取りください。ですから出資者かつ役員の方は2枚必要ということです。なお、取得後3か月以内の証明書であることが必要です。

印鑑

必要となる印鑑は2種類、出資者、代表取締役及び取締役は個人の実印、それから新会社名で作成した会社実印です。 なお、会社の印は実印のほか、銀行印、角印を作成すると良いでしょう。 会社の印鑑セットは弊社に作成依頼していただくと設立がスムーズです。

印紙代、資本金、設立手数料

定款の認証費用53,000円、法務局登記時の収入印紙150,000円、設立手数料及び税務諸官庁への届出書作成料140,000円、印鑑作成料20,000円の合計363,000円となります。このほか資本金は最低1円以上必要となります。

その他のメニュー

会社設立の流れ

会社設立Q&A